楽天スーパーポイントをANAマイルに交換しても損をしないのか検証してみた

ana

楽天カードで貯めたポイントは「楽天PointClub」で管理されるようになっており、ここで管理されているポイントは基本的には楽天グループ内でしか使うことはできません。

例えば公共料金を楽天ポイントで支払ったり、国民年金を楽天ポイントで支払うというようなことはできないと言う事です。

ところが航空会社のANAでは楽天スーパーポイントとANAマイルを相互交換することができるようになっているので、このサービスを利用すれば楽天スーパーポイントをANAで使う事が出来るようになります。

ANAマイルへの交換レート

楽天スーパーポイントをANAマイルに交換する場合は、1マイルにつき2ポイント必要となります。

逆にANAマイルを楽天スーパーポイントに交換する場合は、10,000ポイントにつき10,000マイル必要となります。

ana-1

これはつまりどういう事かと言いますと、楽天からANAへの交換レートは【楽天2P→ANA1マイル】ですので、楽天スーパーポイント20,000ポイントを交換した場合は10,000ANAマイルに変換されるという事です。

そして今度はその変換されたANAマイルを楽天スーパーポイントに交換すると、ANAから楽天への交換レートは【ANA1マイル→楽天1P】ですので、10,000ANAマイルが10,000楽天ポイントにしかなりません。

交換の交換をすると、結果的には10,000ポイントも損をする形になってしまいます。

要するに相互交換はできるけど、交換レートは対等ではないという事です。

楽天スーパーポイントをANAマイルに交換すると損をするの?

楽天スーパーポイントを楽天グループで利用する場合は【1P=1円】のレートで使う事が出来ます。

使える場所は楽天グループ内と限られてはいますが、グループのジャンルが豊富なので汎用性にも非常に優れていると言えます。

しかし時には楽天以外でもポイントを利用したいという時があるかと思います。

ただそんな時でもANAマイルに交換するのはちょっと待って下さい。

なぜなら楽天スーパーポイントをそのままANAマイルに交換してしまうと、ほとんどの場合で【1ポイント→0.5マイル<1円】となり、結局楽天スーパーポイントの時の価値よりも低くなってしまうからです。

【ANAマイルをANAでクーポンに交換した場合】
交換先クーポン 交換に必要なマイル
ワタミグループお食事券
10,000円分
10,000マイル
ダイヤモンドダイニンググループ お食事券
12,000円分
10,000マイル
ニッポンレンタカー ご利用クーポン
10,000円分
10,000マイル
ユニマットグループ ゴルフクーポン券
11,000円分
10,000マイル

上の表からもわかるように、楽天スーパーポイントをANAマイルに交換しなければお得にならないような商品と言うものは見当たりません。

もしかしたらANAマイルを航空券に交換した場合はこの限りではなくなるかもしれませんが、ひとまずポイントの損をしたくないのであれば、楽天グループ内でポイントを使う事をお勧めします。

初めてのクレジットカードは楽天カードがおすすめ

初めてクレジットカードを作る方には、年会費が無料で、ポイント還元率も良くて、不正利用に対するセキュリティサービスが充実していて、入会特典で得られるポイントがとっても多い楽天カードがお勧めです。

このページの先頭へ