楽天プレミアムカードの年会費や付帯保険などのスペック情報

r-premium

楽天プレミアムカードは楽天カードのワンランク上のクレジットカードで、一般的なクレジットカードのランクとしてはゴールドカードに位置付けされています。

年会費は有料ですが、その分楽天カードとは一味違った高品質のうれしいサービスがあります。

お申し込み資格 原則として20歳以上の安定収入のある方。
必要書類 本人確認資料
運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票のいずれか1点。お申し込み内容と本人確認資料の内容が相違した場合は、次のいずれかを別途用意する必要があります。公共料金の領収書、社会保険料の領収書、国税・地方税の領収書あるいは納税証明書
年会費 10,800円(税込)
利用可能枠 ショッピング 最高300万円(カード発行後に通知)
キャッシング カード発行後に通知
実質年率 ショッピングリボ 15.00%
キャッシング 18.00%
付帯保険 カード盗難保険、海外旅行傷害保険(最高5000万円)、国内旅行傷害保険(最高5000万円)、動産総合保険(年間最高300万円)
提携国際ブランド jcb mastercard visa
利用可能電子マネー edy
ポイントプログラム名 楽天スーパーポイント
ポイント付与率 100円毎に1ポイント
ポイント還元率 1%~10% ※当サイト調べ
家族カードの年会費 1枚につき5,400円
ETCカードの年会費 無料

楽天プレミアムカードのメリット

楽天プレミアムカードは年会費が有料となっている分、楽天カードの機能に更にお得なポイント機能や旅行に役立つ機能が追加されています。

誕生月のお買い物はポイント3倍
楽天市場、楽天ブックスでの商品購入で獲得できるポイントが通常2倍のところ、誕生月は3倍になります。
旅行保険が国内も適用される
楽天カードには海外旅行傷害保険が自動付帯されていますが、楽天プレミアムカードにはさらに国内旅行傷害保険が追加されており、楽天カードの2.5倍の最高5000万円の補償額となっています。
ご購入商品の偶然の事故を補償する動産総合保険が自動付帯
楽天プレミアムカードには動産総合保険というものが自動付帯されており、ご購入から90日以内の偶然な事故等による損害について、年間最高300万円まで補償されるようになっています。
プライオリティ・パスを無料取得できる
世界の600以上の空港ラウンジを無料で利用する事が出来る最高グレードのプライオリティ・パスを、楽天プレミアムカードユーザーなら無料でお申し込みいただけます。
ポイント還元率が高くなるサービスを自分のライフスタイルに合わせて選択できる
楽天プレミアムカードにはポイント還元率が高くなる専用のサービスが用意されており、主に楽天市場でお買い物をされる方に有利な「楽天市場コース」、主に旅行をされる方に有利な「トラベルコース」、主に映画や音楽を楽しむ方に有利な「エンタメコース」の3種類からご自分のライフスタイルにあったものをお選びいただけます。

楽天プレミアムカードのデメリット

年会費が有料
当然と言えば当然の事ですが、楽天プレミアムカードの充実しているサービスを受けるためには年会費を支払う必要があります。
家族カードも有料
楽天プレミアムカードの家族カードはその機能のほとんどが楽天プレミアムカードと同一仕様ですので、1枚発行につき5,400円必要となっています。

楽天プレミアムカードを作るのに向いている方

楽天プレミアムカードは空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員(通常399米ドル)に無料でお申込み頂けるクレジットカードということもあり、1年間に数回以上海外旅行に行かれる方に特にお勧めのクレジットカードです。

プライオリティ・パスを持っていれば世界600か所以上の空港ラウンジでフリードリンクを楽しんだり、パソコンや携帯電話を無料で充電しながら操作をする事が出来ますので、旅の疲れを癒す場所への入場券として活用いただけます。

また付帯保険の補償内容も充実していますので、万が一の事故やけがの場合でも安心感があります。

逆に海外旅行に行く予定が無い方は、年会費のもとを取れるだけのサービスを受けられない可能性の方が高くなります。

10,800円分の年会費を全てポイントだけで賄うのは至難の業です。

海外旅行に行く予定の無い方は、ひとまず年会費無料の楽天カードで様子を見てから楽天プレミアムカードに切り替えると良いのではないでしょうか?

初めてのクレジットカードは楽天カードがおすすめ

初めてクレジットカードを作る方には、年会費が無料で、ポイント還元率も良くて、不正利用に対するセキュリティサービスが充実していて、入会特典で得られるポイントがとっても多い楽天カードがお勧めです。

このページの先頭へ